起業家交流会Next Step 信州 =レポート=

2012.11.28 ビジネスセッションVol.11 レポート

本年最後のビジネスセッションを開催しました。

参加者より以下の感想を頂いております。ご紹介します。

第11回目となるビジネスセッションに参加させていただきました。
私は今回で3回目。場の雰囲気がようやくつかめてきたところです。 今回は本年最終回、そしてスタート満1年ということで、この1年を振り返ってNextStep信州の意義を見つめ直すとともに、今後の展開について意見を出し合いました。
NextStep信州の意義は「場」にあります。その「場」が持つ機能は、出会いとつながり、気づきとひらめき、学びと進化など、実に多様です。また、これらの機能の土台であるという意見も出されていました。 最も重要な意義とも言える出会いとつながりについては、様々な業種・職種が出会い、それぞれの視野・世界観を広げることに結びついています。人によっては、取り組んでいる仕事が新たな展開をみせたり、全く新しい仕事に結びついたケースもあったようです。半独立状態の私にとっては、異分野で活躍する人々と対話することによって、自らが取り組もうとしている仕事がより明確化するという恩恵が得られました。
NextStep信州の「ビジネスセッション」は、対話がメインです。対話をするためには、人の話を聞くだけではなく、自分の考えを話す必要があります。話すためには、自分の考えが明確になっていなければなりません。
会社員を辞め、自ら事業を営もうとしている私は、NextStep信州への参加を通じて「考えを話して人に伝える」ということがいかに重要かということを学びました。
ネット上でのコミュニケーションが大流行の昨今ですが、実際にFace to Faceで対話することは、ネット上のコミュニケーションの数千倍の学びや気づきが得られます。

NextStep信州には、その10倍の120名の方が登録されているとのこと。より多くの人が顔を合わせ、直接対話する機会が持てればといいなぁと思います。参加費無料でこのような機会が用意されているなんて、使わないともったいないと思いませんか? また、来年以降の展開についても意見が交わされました。
主な方向性としては、Facebookページをやってみる、ビジネスセッションのテーマは参加者が持ち回りで決める、ラジオ番組『AVANTI』をイメージした対談をする、などでした。 『AVANTI』については、私も大いに興味を持ちました。「東京一の日常会話」をコンセプトに、毎週土曜日の17:00〜に放送されているこの番組は、さまざまな業界で活躍する人が、その仕事のうんちくを対談形式で語るといるスタイル。長寿番組でもあることからご存じの方も多いのではないでしょうか。
ビジネスセッションがそのようなスタイルととることは、よりその人や仕事を深く理解することにつながるでしょう。とても楽しみです。
NextStep信州のこれからにますます期待するとともに、私自身もさらに学んで実践し、よりよい「場」づくりに寄与したいと思います。
今後ともよろしくお願いいたします。 ありがとうございました。   From:M


昨年11月のキックオフミーティングから一年が経過しました。
この場を借りまして、ご参加頂いた大勢の皆様とご支援頂いております松本商工会議所の皆様にお礼を申し上げます。有り難うございました。

次回のビジネスセッションは2013年1月開催の予定です。
来年もよろしくお願いします。

   NextStep信州 幹事

  •    三浦毅  (株式会社バックステージ 代表取締役)
  •    浦野伸也 (スタジオママル 代表)
  •    大野善裕 (WARNAX 代表)

2012.10.24 ビジネスセッションVol.10 レポート

たくさんのご参加ありがとうございました。

今回は長野県、中小企業振興センターの共催や伊那サテライトとの中継‥‥ 私たち幹事にとっても始めての取り組みが盛りだくさんでした。

参加者より以下の感想を頂いております。ご紹介します。

私にとって、NextStep信州は今回が2回目の参加になります。自分はコワーキングスペースを松本に開設しようと動いているわけですが、ここでの繋がった人がとても重要な役割を果たしています。
が、目的は商売のマッチングではない。表現が適切かわかりませんが、サークル的な場が良いのかもしれません。
司会の三浦さんもおっしゃっていましたが、「ここは答えを見つける場ではない」。じゃあ、何の場だ?その答えは参加してみれば「感じる」と思います。
そして、今回のテーマは「人と人の繋がりの多様化」ということで自分の為の会だと勝手に解釈して(笑)、楽しみに参加しました。
参加しての感想ですが、周りにカメラや共催の方々、伊那サテライトとの中継があり、ちょっといつもの場とは違う感じで喋り足りない人が多いのではと思いました。あとテーマが「働き方、ビジネス、人の繋がり」の多様化と、抽象的で盛り沢山だったのも物足りなさを感じた原因かもしれません。
まあ、でもそんな細かいことはどうでも良く、月に一度、仲間に会いに行く。ただそれだけで価値があると思いました。
Co-Project Mが同じ想いで開催している「読書会」や「ブレストもまれ会」は上手いことこの場にリンクして相乗効果を発揮しつつあるなと感じていますので、大事に育てていきたいですね。

Co-Project M 末次克洋


今回のビジネスセッションの模様は長野県公式ウェブサイトやyoutubeで配信されるようです。詳しくは後日報告致します。


   NextStep信州 幹事

  •    三浦毅  (株式会社バックステージ 代表取締役)
  •    浦野伸也 (スタジオママル 代表)
  • 大野善裕 (WARNAX 代表)

2012.9.26 ビジネスセッションVol.9 レポート

たくさんのご参加ありがとうございました。

Mさんより以下の感想を頂いております。ご紹介します。

出会いと人脈づくりについてしゃべりまくれ!がテーマの今回のビジネスセッション。
私にとっては今回が3回目、少し雰囲気にも慣れてきてしゃべりやすくなってきたかな、という感じで楽しく参加させていただきました。

個人事業主として1人で仕事をしてきた中で、出会いや人脈は何となく大切・・・と思ってはいたけど、何が人脈で、何のために必要なのか?など、他の方たちの話を聞いていて、実にさまざまなとらえ方があることに気づきました。

このビジネスセッションでは、テーマについての答えを出すのが目的ではないということでしたので、私も自由に自分の想いをしゃべることができ、また、喋ることで自分自身は人との出会いをどう捉えているのか、どうありたいと思っているのかなども再確認することができ、良かったです。

『出会い』について私個人としては、リアルな出会いにしてもネット上にしても、名刺交換でも、出会ったその先が大切だと思っています。この人面白いな、すごいな、もっと話してみたい、何を考えているんだろう…と、お互いの仕事や人間観などに興味をもち、知り合い、思いやることができるようないい人間関係がたくさんできていったらいいと思うし、それが重なってはじめて仕事でも助け合える人脈になるのだと思っています。

このビジネスセッションに参加させていただくたびに新たな出会いがあり、その中でも何回か顔を合わせていると何となくホッとする間柄になっていったり、そういえばコラボできそうだよね、と話が盛り上がることもあります。

私のようにまだ一人で、時には孤独だったり独りよがりで走ってしまったりすることがある方にとって、気楽に誰もが自由に喋りあえる場ってなかなかないからありがたいです。これからも参加させていただきます。ありがとうございました♪


次回も私達に身近なテーマを『しゃべくりまくり』ましょう!

   NextStep信州 幹事

  •    三浦毅  (株式会社バックステージ 代表取締役)
  •    浦野伸也 (スタジオママル 代表)
  •    大野善裕 (WARNAX 代表)

2012.8.22 ビジネスセッションVol.8 レポート

農業士の皆さんを含めて総勢30名での開催となりました。
日頃、接点のない者が触れ合う機会を提供できたことはとても意義のあることだったのではないかと思っています。

農業士のHさんより以下の感想を頂いております。ご紹介します。

今回初めてビジネスセッションに参加させて頂きました。
農家の会である農業士会の参加を、松本商工会議所と幹事会の皆様にお願いしたところ快く迎え入れてくださり本当に感謝しております。農家はあまり他の業種の方との出会いが少なく交流する方も限られています。このような機会をいただけるのはとても有難かったです。農家特有の話や問題を新鮮な話として聞いていただき、他の業種の経営者の方々とお話し出来たのは良い刺激になりました。

今回の議題「5年後の経営をしゃべくりまくれ!」は難しい議題だと思いました。農業は一年一年が勝負で、おおよその計画は建てられても天候等ですべてが台無しになってしまうことがあるので5年後のことなどあまり具体的に考えていませんでした。

他の経営者の方々はどのようなことを考えているのかとても興味はありました。お話を伺うとそれぞれの経営や業界特有の悩み、これからの不安なども話されていて不安が無い方はほとんどいませんでした。

そのなかで、他の業種の方々とコラボレーションをすることがこれからは必要になってくるとの話にとても興味が湧きました。
今は流れの速い時代なので5年先のことはわからないけど、経営目標を持ちそれを実現できるように、多くの人に出会い、たくさん語り合い、お互い協力し合いながらコラボレーションできれば一人の経営者、一つの業界では成し得なかったことが達成できるのではないかと思いました。これからは視野を広げるためにも出会いと協力を求めていかなければいけないと感じました。

もっともっとしゃべりたかったですが話下手でした。それでもみなさんは快く自分の話を聞いてそれに答えてくださったので、もっと気楽に思うままにしゃべってもいい場だということがわかりました。答えを求めないことにもそれぞれの意見を尊重していることがわかります。
自分をさらけ出し人と出会える場所に参加できたことは本当に良かったです。
これからもよろしくお願いいたします!


次回も私達に身近なテーマを『しゃべくりまくり』ましょう!

   NextStep信州 幹事

  •    三浦毅  (株式会社バックステージ 代表取締役)
  •    浦野伸也 (スタジオママル 代表)
  •    大野善裕 (WARNAX 代表)

2012.7.17 ビジネスセッションVol.7 レポート

たくさんの方に参加いただきました。ありがとうございました!
『何のために商売をしていますか?(するのですか?)』 をテーマに皆さんとディスカッションをしました。

会員のKさんより以下の感想を頂いております。ご紹介します。

ビジネスセッションに参加させて頂き
私は今回初めて参加させて頂きました建設業を営んでいる者です。以前よりこのような交流会等に興味が無かったわけではありませんが、想像するに、会場で名刺の交換をしながらぜんぜん職種の違う人と(ましてやIT関係の方だったりしたら・・)自分の会社や自身のことを「どうピーアルしたらいいんだろう・・?」 繋がりを持ったところで「次に何か繋がっていくのだろうか・・?」と躊躇しておりました。(ちなみに自分はローテク人間です)

そんな中先日、お願いしている税理士さんに今後の仕事のアイデアを相談していた所、それなら面白い人がいるから会ってみないかと、こちらの代表幹事をしていらっしゃる三浦さんを紹介して頂きました。IT関係の方ということで、一体どんな話しが出きるのか不安もありましたが、税理士さんの進めもあってお会いしてみることにしました。
正直、会ってみるものだなーと言うのが感想でした。今まで全然関係ないと思っていた分野でも、活用次第でおもしろい新たな事業展開ができそうに思いましたし、新たにアイデアも出てきました。
その時に「NextStep信州」のお話しを伺い、初参加の運びとなりました。
(前置きが長くてすみません・・)

今回の御題は「何のために商売をしていますか(するのですか)?」でしたが、参加者の皆さんからさまざまな考え方を伺いながら、自身の理想と現実の思いも話すことができました。また、私からすれば十分成功されててうらやましいぐらいの方でも、自分の理想と現在の仕事のあり方で悩んでいらっしゃる方がおり、ずいぶん感心させられました。
若い方でもしっかりした人生観、仕事観をお持ちの方や、現在会社員であってもわざわざ情報を探しながらこの場にたどり着いたエネルギッシュな初参加の方達には、大いにやる気を刺激させられました。

時間は2時間ほどでしたが、あっという間に過ぎたって感じです。毎回テーマも変わるようですし、ここは少し顔なじみ
になって、参加者の皆さんと交流しながら自身のやる気の栄養にしていきたいと思っております。

次回も楽しみにしています。 K

参加者の皆さんと交流しながら自身のやる気の栄養にしていきたいと思っております。
私達幹事にとっても元気になるコメント有難うございます!
皆さんにとって良い触媒となれるように今後も進めていきたいと思います。

次回も私達に身近なテーマを『しゃべくりまくり』ましょう!

   NextStep信州 幹事

  •    浦野伸也 (スタジオママル 代表)
  •    大野善裕 (WARNAX 代表)

2012.6.20 ビジネスセッションVol.6 レポート

たくさんの方に参加いただきました。ありがとうございました!
『自身の強みと弱みをしゃべくりまくれ!』 をテーマに皆さんとディスカッションをしました。

会員のUさんより以下の感想を頂いております。ご紹介します。

今回のテーマ
“自身の「強み」と「弱み」をしゃべくりまくれ!”
ということで、創業してから初めて自問自答を
する時間を設けられた気がします。
また、ビジネスセッションではいろいろな業種の方々の
話や助言なども聞け、1人での自問自答+αの効果が
あったと思います。

「強み」をしっかり把握していれば
セールスポイントとなり、
逆に「弱み」理解していれば
修正したり、補強したりして
「強み」に変える事ができる。
自分としては、これが今回の収穫です。

自分(事業の「強み」と「弱み」)を把握して
目標をつくり、段取りをして実行する。
起こした行動から「強み」と「弱み」をまた把握する。
「強み」と「弱み」を知ることは
ビジネスを進めていく上で重要な確認事項で、
定期的に見直すべき項目だと思いました。

NextStep信州のビジネスセッションが
自分の「弱み」 “人との交流” を解決する場だと
発見できたので、今後も参加したいと思います。


Designer-U


次回も私達に身近なテーマを『しゃべくりまくり』ましょう!

   NextStep信州 幹事

  •    浦野伸也 (スタジオママル 代表)
  •    大野善裕 (WARNAX 代表)

2012.5.23 ビジネスセッションVol.5 レポート

20名以上の方に参加いただきました。ありがとうございました!
『商品とサービスの付加価値について』 少し曖昧、でも重要なテーマについて皆様とディスカッションをしました。

会員のKさんより以下の感想を頂いております。ご紹介します。

今回のテーマであった、「付加価値」
色々考えさせられました。
付加価値・・・
普段は、目の前の仕事をこなすばかりの日常。
改めて、自分の会社の付加価値。
自分の会社が提供するサービスや商品の
付加価値ってなんだろうと
深~い、思考の谷の底へいってしまう機会でした。

今回のスタートは、消費者目線からの「付加価値」についてしゃべくり開始。
「おまけ」と「付加価値」はちがう。
競合他社との「差別化」。
購入する動機の決定はどの時点で・・・
女性、男性で購入する、消費行動を起こすポイントの違い
などなど・・・いろんな人の真剣な意見が聞けるのは、また勉強になります。

製造業からサービス業まで
20代から50代を超える方まで各層の意見がきけて良かったです。

さて、感想ですが、
ズバリ!
「ナンバーワンよりオンリーワンに」
某男性グループの歌じゃないけど、
「このオンリーワン」。
優位性、差別化、付加価値。
商品やサービスって、人の思いの結晶だと思っています。
商品・サービスにその関わった人の
「思い」がって、「ドラマ」があって、「物語」があって
大量消費、大量生産は大企業に任せて、
中小零細は、この思いや、物語が一番の付加価値なのではと感じました。
その思いが、消費者・人の感情の琴線に触れたとき、
購買が決定する。

価格勝負ではなく、提案力、信用力、サービス力。
やはり、その根源である人間力を磨いて行こうと改めて思いました。

君から買いたい。担当は君じゃなきゃだめなんだ。
なんてお客様に言われたら、
最高の付加価値である「思い」が、
商品やサービスに新たな価値が付帯するのでしょう。

一か月に一度のこの会ですが、
起業したての初心を取り戻すとてもいい機会になっています。

また、来月の開催がとても楽しみです。 From K


次回も私達に身近なテーマを『しゃべくりまくり』ましょう!

   NextStep信州 代表幹事 三浦毅(株式会社バックステージ 代表取締役)

2012.2.18 ビジネスセッションVol.2 レポート

土曜日の開催にもかかわらず、20名以上の方に参加いただきました。ありがとうございました!
今回のビジネスセッションは初めての試みがたくさんありましたが、それぞれが盛況を得ましたので今後の糧にしていきたいと思います。

会員の増田さんより以下のレポートを頂いております。

今回、皆様には貴重なお時間をいただいた上、普段のプレゼンとは違った新鮮な体験をさせていただきました事に深く感謝する次第です。
プレゼンにつきましては、私の不手際と準備不足もあり、なかなか5分という時間内にお伝えできなかった点があり残念ではございましたが、この反省を踏まえ次回に生かしていきたいと考えております。
また、レスポンスにつきましては時間内には皆様のご意見をお伺いすることはできませんでしたが、交流会終了後等には
多くの方々から貴重なご意見を頂戴し、今後の事業展開の糧とさせていただくと共に改めて自分の行動を見つめ直すよい機会となりました。
今後は交流会に参加された皆様にも、是非ご自身の考えている事や悩み事などを交流会の場で発表していただき、ご自身の事業展開における何かよいきっかけを掴んでいただければと思っております。
この度は、ご清聴いただきました皆様ならびに NEXTSTEP 信州幹事の皆様には大変御世話になりましたことを心より感謝申し上げます。
誠に有難うございました。今後ともよろしくお願い申し上げます。

TF-support 増田 星児郎

今後も会員発の情報や発言の
場はどんどん増やしていきたいと思います。我こそは!と思われる方は幹事まで一報ください。

交流会初のゲストの登壇もありました。
周到な準備など全然有りませんでした(!)が、鬼頭さんのスピーチに心打たれた方も多かったようです。また、当日の打ち上げ(?)で深夜までお付き合い頂いた方に感謝します。鬼頭さん自身も交流会について多くの衝撃を受けたようで、『また、来ます!』と言い残して名古屋にお帰りになられました。
以下、鬼頭さんからのメッセージです。
messagefromkito.jpg

今後も会員の皆さんにとって有益な交流会にすべく運営を行いとの思いです。
また、次回のビジネスセッションでお会いしましょう。

NextStep信州 代表幹事 三浦毅(株式会社バックステージ 代表取締役)

2012.1.11 ビジネスセッションVol.1 レポート

平日の夜ということで、どれぐらいの方が参加してくれるかな、と心配していましたが、フタを開けて見ると25人もの方が駆けつけて下さいました!

昨年のキックオフミーティング、ちょっとカタくなりすぎちゃったよなぁ、という反省から、今度はもっと皆が気軽に「ぶっちゃけトーク」できる場にしよう、ということに。そんな中で今回は、「起業体験をしゃべくりまくれ! ~やってよかったこと、失敗したこと、しんどかったこと、不安だったこと~」というテーマのもとに、極めてゆる~くスタートしました。

 起業にあたって、あるいは事業を続けていく中で、どんな不安があったかとの問いかけに、やはり多かったのはお金、特に資金繰りの不安。
そんな苦しい中をどんな風に乗り越えてきたか、どうして今日まで事業を続けてこれたかなど、興味深い体験談をいくつも聴かせていただきました。
普通こんな話、誰もしてくれませんよねぇ…。


また、今回始めて参加してくださった、市内で古着ショップ『Pink』を共同経営されている女性2人には、たくさんの質問が浴びせられていましたが、自分たちの感性を信じて、好きな仕事を自然体で楽しんでいる姿には、「不安を不安と感じない」強さを感じました。
これって、起業し、事業を続けていくのに、ものすごく大切な要素のひとつなんじゃないかな、と。

その後も話題はよい感じにズレていき、次第に場も温まってきたところだったのですが、残念ながら時間切れ。
皆さんまだ話し足りないようで、予想を超える盛り上がりを見せた、初めてのビジネスセッションでした。

いわゆる名刺交換会や、単なる交流会ではありえない、ぶっちゃけトーク、そして深イイ学びがビジネスセッションにはあります。
ぜひ次回も多くの方の参加と、エキサイティングなお話を楽しみにしていますよ♪

起業者交流会NextStep信州 幹事
 スタジオママル 代表
 キッチンプロデューサー 浦野伸也

12月某日 キックオフミーティング反省会

11.26のキックオフミーティング開催後、幹事会及び事務局にて反省会と今後のNextStep信州及びビジネスセッションについて考える場を設けました。

キックオフミーティングに対する会員の皆さんの意見は様々です。
期待されていた交流会の雰囲気では無かった、堅苦しかったとのご意見も頂戴致しました。

本交流会発足時に決めた大前提である、『交流会は会員の皆さんで創り上げていくもの』の原点に立ち返り、今後運営していくことを再認識しました。
また、本交流会は活動を継続し会員がNextStepを踏み出すための意義のある場である必要のあることも確認致しました。

キックオフミーティングでは『皆さんのご意見を頂き、交流会を創り上げていく』との視点から少し逸脱し、幹事会からのメッセージ色が強かったように感じています。また、多少形式張った進行であったことも反省致しました。
sorry.png
以上が幹事会の反省です。
反省を踏まえ、今後の交流会運営及びビジネスセッションの運営を次のように進めることとしました。

 ・皆さんがざっくばらんに集える交流会の提供
   幹事会の役割は簡単な議事進行と大きなテーマ設定とする。
   皆さんが主人公となり、気軽に発言できるような場を創り上げる。

 ・会員のニーズに極力応じられるような運営
   セミナー開催に関しての期待が会員の皆さんから寄せられています。
   セミナーに関しては様々なニーズがあるため種々選択が難しいことも事実です。
   セミナーは幹事会及び事務局にて候補を挙げ、希望の多い順番に実施していきたいと思います。


悩みや迷いが多い経営者や創業を夢見ている起業予定者の皆さんにとって、気軽に参加できる交流会であると共に
 ・心の拠り所でホッと出来る交流会
 ・NextStepを踏み出すための知識習得の場
 ・ビジネスマッチングの場が提供できるような仕組みづくり
を提供できる場で在り続けられるよう、今後も交流会運営を行なっていきたいと考えています。

NextStep信州 幹事会一同

2011.11.26 キックオフミーティング開催

とある参加者の感想。
 『ゆるーい雰囲気が良かった!』
最高で的を得たご感想 有り難うございます。

キックオフミーティングにご参加頂いた方へ改めてお礼を申し上げます。
本当に有り難うございました!

皆さん期待感を持って、お集まり頂いたのが視線で感じられました。
皆さんの視線に負け、少々固い雰囲気で始まった交流会ですが、徐々に
NextStep信州ならではの色を出せたのではないかと感じております。

出会いの重要性に再度気づかされ、起業家や創業予定者を取り巻く環境の
厳しさを再認識された方も多く見受けられました。
しかし! 交流会で新たなネットワークが生まれ、励まされ、自らのNextStep
を踏み出す糧を得られた方もいらっしゃたと確信しています。

幹事会一同、皆さんのご感想やご意見を頂きますます交流会の発展に力を
入れようと覚悟いたしました。

代表幹事の三浦はご覧頂いた通り、ゆるーい人間です。
NextStep信州のイベントに参加するときは、どうぞ、肩の荷を降ろしてきてください。
あなたをサポートするメンバーがたくさんいます。

最後にやっぱりこの言葉を皆さんに捧げます。

自分の欲しいものが分かっていない奴は
欲しいものを手に入れることが出来ない
村上龍 著 コインロッカーベイビーズより

今後のNextStep信州の活動にご参加、ご協力頂くとともに
皆さんの能動的な参加を切に願っております。

次回、皆さんとお会いできるときを楽しみにしております。

NextStep信州 代表幹事 三浦毅(株式会社バックステージ 代表取締役)

*当日投影した資料をアップしました。LinkIconyoutube